タオへの道

元公務員の占い師が、人生どん底から悟りを得ようとする日々の中の気づき

一瞬のチャンスをつかむために、絶対に必要なこと!

今日のテーマは、チャンスをつかむコツについて。
 

やらかしてしまった・・

実は昨日、大失敗したことがあります。
 
 
いつもメルマガを書き終わった後に
夕食のための土鍋ご飯を炊き始めるのですが、
 
色々やってたら、10時近くになってました。
 
 
あー、やばい、こんな時間!
そういえば、お腹ペコペコ・・早くやんなきゃ!
 
慌ててご飯を炊き始めたとき、

いつもやっている「あること」を、
やってないことに気づきました。
 
 
それは何かと言うと、
 

塩ひとつまみ

 
お米を炊く前に、
塩を1つまみを入れるのですが、
 
焦るあまり、入れ忘れたんです・・
 
 
まあ、でも、
塩を入れ忘れたと言っても、
ほんの1つまみだし、
 
味はそう変わらないだろう、
とタカをくくってました。
 

f:id:fortune_teller_ayumi:20210125231959j:plain

 が、しかし。
 
お米が炊き上がり、土鍋の蓋をとると
 
 
いつものツヤがない・・
 
 
なんだか嫌な予感がしました。
 
 
食べてみると、予感的中・・
 
 
 
味が違う。。
 
いつもの甘みが全然ない・・
 
 
まずい、とは言いませんが、
味気ない今日のご飯に、
食べている私もガッカリだし、
 
何よりも、
お米が蓄えてくれた美味しさを、
最大限引き出せてあげられなかったことに
 
申し訳ない気持ちでいっぱいでした。。
 
 

微差

 
塩ひとつまみ
 
入れるか入れないか、
どっちでもよさそうな、
ほんのわずかな差のように思えます。
 
 
でも、
こんなごくごくわずかなことが、
 
ここまでご飯の美味しさに
大きく影響しているんだ、と
正直、驚きました。
 
 
美味しいご飯になるか、
普通のご飯になるかは、
ほんのひとつまみのお塩のチカラ。
 
塩のパワーは、偉大です。
 

人生が変わる時

 
これはお米だけじゃなく、
私たちの人生にも言えること、だと思います。
 
 
人は、生きていると必ず、
人生の分かれ道に立つことがあります。
 
Aを選べば、ステージが上がる道。
Bを選べば、現状維持の道。
 
人生が変わるかどうかの大事な大事な別れ道、
 
Aを選択できるかどうかは、
もしかすると、
 
塩ひとつまみを入れるか入れないかぐらいの
 
わずかな違いで決まるもの、
 
なのかもしれません。
 
 
そのわずかな差を生むのが、
いつもの習慣。
 
 
疲れたから今日だけはパスしたり
後でやろう、と後回しにしたり、
 
 
こういう時に限って、
 
実は
 
チャンスの女神様が、
現れるとき
 
だと思うんです。
 
チャンスの女神様は、
前髪しかありませんから。
 
 
現れるのは、ほんの一瞬。
 
 
いつ現れても、
さっと手を伸ばせるように、
 
しんどいなあ、とか
今回はいいかな、とか思った時こそ、
 
絶対に手抜きせず!
 
より集中して、エネルギーを込めるとき。
 
 
逆を返せば、
心に魔がさすのは、
 
女神様が現れるサイン。
 
 

これだ!というチャンスのサイン、
逃さないようにしたいですね。
 

【今日のTao】

女神様は、ほんのわずかな心のスキに現れる。
 

 

毎日の占いはこちらから 

smart.reservestock.jp

忘れられない、オムライス

昨日の洋食屋さんの話の続きです。
 
「閉店します。
 長い間、ありがとうございました」
 
と、閉店の張り紙が貼られていた
老夫婦の洋食屋さん。
 
 
 
そして先日、
また新たな張り紙が貼られていました。
 
 
張り紙、というか
ピンクのハート型の、ポストイットに、
 
書かれていたのは、
 
 
 
「今までありがとうございました。
 
あのオムライスの味、忘れません」
 
 
 

あのオムライスの味

 
ポストイットを書いたのは、
文字から推測するに、きっと若い女性。
 
もしかすると、その女性、
料理する気力もでないぐらい
落ち込んだ時があって、
 
たまたまその時、
駅前の洋食屋さんが目に入って、
お店に入ったのかもしれません。
 
 
そこで頼んだのは、オムライス。
 
 
おじいさんシェフが、その女性のために
作ったオムライスは、
 
きっと懐かしく、温かい味だったはず。
 
 

f:id:fortune_teller_ayumi:20210124103743j:plain

その老夫婦の温かみに触れた女性、
 
大げさかもしれませんが、
人生救われたんじゃないかな。
 
 
だから
忘れられない、「あのオムライス」
なんだと思います。
 
 

本当の仕事

 
老夫婦のやったこと、
それは
 
たった一人の、
目の前のお客様のために
 
手を尽くすこと。
 
 
とても非効率なように思えます。
 
 
でも、
そこにかけたエネルギーは、
 
目の前の一人の明日を、いい方向に変える
きっかけとなったはず。
 
 
そう、
言い方を変えると、
 
 
人の人生を、変えたんです。
 
 
 
 
本当の仕事って、
こういうことをいうんだと思います。
 
 
 
生産性とか
スキルアップとか言われますが、
 
それは決して、
本質ではないですよね。
 
 
 
自分のやったことが、

目の前の人の明日を変えるきっかけになる
 
 
 
最高ですね。
 
 
こんな仕事目指して、
明日からも、メルマガ書いていきます!

 
 
【今日のTao】

目の前の人のために、尽くす。

 

 

時代が変わっても、ずっと愛され続けるお店の秘訣

いつも利用する駅の近くに、
老夫婦がやっている小さな洋食屋さんがあります。
 
2年ぐらい前に、
そのお店でランチをいただいたことがありました。
 
ホールは奥様、
キッチンは旦那様という役割分担。
 
ランチを注文するとすぐ、
ホール担当の奥様が
フォークなどカトラリーを持ってきてくれました。
 
私がお箸、フォークをテーブルの上に並べていると、
奥様が飛んできて、
 
「そうじゃないわよ!」と並べ替え。
 
食事を運んできた時も、
「こういう順で食べるのよ」
と食べ方の指導まで。
 
 
自由に食べさせてくれないんだ・・
もうこの店にはこないな
 
 
そんなこと思いながら、会計を済ませ、
お店を出ようとした時。
 
 
 
奥のキッチンにいたおじいさんシェフが
帽子をとって、
 
 
「ありがとう」
 
と言ってくれたんです。
 
 
 
この瞬間、
 
あ、私、間違ってた
と思いました。
 
 

一人一人に向き合う心

 
きっとこのおじいさんシェフは、
いつもこうやってお客様一人一人に
キッチンの奥から挨拶をしているんだ、
 
 
この方は、
何十年もずっと、
 
お店にきてくれた方一人一人に向きあって、
料理を作っていたんだ・・
 
と思いました。
 
 
そのおじいさんが
エネルギーを込めて作った料理を、
 
 
最高に美味しく食べてもらいたい
 
 
こんな想いが、
奥様にあったんだと思います。
 
 
だから、あんな細かい指示を・・
 
 
うるさいおばあさんだ、と思った私が、
間違っていました・・
 
 
今思い出すと、
お客さんと奥様が、親しげに話していました。
 
みんな常連さんだったんです。
 
老夫婦の想いを感じて、多くの人が
またあのお店に行こう!と
リピートするんだと思います。
 
 
 

信念を貫く

何十年も飲食店をやっていると、
経営が苦しい時ももちろんあると思うし、
 
このままでいいんだろうか?と
悩んだ時もあったかもしれません。
 
 
でも、どんな状況にあっても、
入れ替わりの激しい飲食業界の中で、
ずっとお店を続けられるのは、
 
 
お客様一人一人への
変わらぬ愛があってこそ
 
だと思います。
 
 
 
時代がどんなに変わっても、
 
「愛、1st」を貫く経営は、
 
廃れることはないんですね。
 

f:id:fortune_teller_ayumi:20210123194806j:plain

張り紙

 
が、しかし。
 
昨年の春からずっと、
休業中だった洋食屋さん。
 
先日、新たな張り紙が貼られていました。
 
 
 
 
「閉店します。
 
 長い間、ありがとうございました」
 
 
 
 
時代の変わり目、
寂しさもありますが、
長い間、本当にお疲れ様でした!

 

【今日のTao】

「愛、1st」で輝き続ける

 
と、話はこれで終わりじゃないんです。
長くなったので、また明日続きを書きます!

 

smart.reservestock.jp

人生のステージをあげる鉄則

 

 人生のステージをあげたい
って思ったら、
 
絶対にやらなければいけないことが
1つ、あると思います。
 
 
 
それは、自分自身に、
ちょっとキツいな、と思う課題を課すこと。
 
 
キングダムの信も、
鬼滅の刃の炭治郎も、
 
自分自身の限界を超えるような
厳しい戦いを経ているからこそ、
 
よりより強く、大きく成長しているんです。
 
 

f:id:fortune_teller_ayumi:20210105204253p:plain

 
もし彼らが、
町のお茶屋で毎日お茶を飲んだり、
炭を焼くだけの毎日を過ごしていたら・・
 
そんなマンガ、誰も読みたくないですよね。笑
 
 
 
なんのプレッシャーもない余裕の毎日では、
 
成長って、
期待できないんです。
 
 
そして、何より、
成長のない人生を「生きてて楽しい!」と
自分自身が思えないんじゃないかな、と思います。
 

人生は、自分自身の物語

 
 
どんな感動の物語を描くのかは、
自分次第。
 
 
せっかくいただいた命、
感動の物語にしたいですよね。
 
そのためには、
プレッシャーは必要。
 
 
ということで、
私も新たなチャレンジをしようと決めました!
 
 
ネズミからウシへ、
本格的にバトンが渡る節分を前に、
自分自身も変わろうと思います。
 
 
あなたもこの節目に、
ご自身のステージをあげるための何か、
始めませんか?
 
  
【今日のTao】

人生、時に、プレッシャーは必要。

 

新たなチャレンジ!

smart.reservestock.jp

 

いいこと引き寄せ!超カンタン習慣!

今日、会社で
こんな会話が聞こえてきました。
 
最近、いいことあった?
 
いやー、ないね。
今月は飲みにもいけないしなあ。。
 
なんかいいことないかな〜
 
 

何かいいことないかな

 
このフレーズ、
私もよく使っていました。
20代の頃は特に・・
 
なんとなく、イメージつくと思いますが、
いいことないかな〜と言ってるうちは、
いいことってなかなか起きなかったです。笑
 
なぜなら。
 
当時の私がやっていたことは、
休日、友人と2人で、
 
いいことないかな〜と
カフェで何時間も、うだうだ言ってただけ。
 
そりゃ、何も起きないですよね。笑
 
 

f:id:fortune_teller_ayumi:20210121192737j:plain

何かいいことないかな〜っていう言葉、
私の中では、
すごくキケンだと思ってます。
 
 
その理由は、
 
まるで、
白馬の王子様がやってくるのを
ひたすら待っているかのような・・
 
100%「周り」に期待しているような
他力本願な言葉、だから。
 
 
そこには、
自分でなんとかしようという意志は
全くなかったです。
 

人生を変えるとは

 
何かを変えようと思ったら、
自ら動くことって、やっぱり必要です。
 
というと、
 
大変そう・・
行動力ないし・・
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
 
 
でも、大丈夫。
 
 
行動力なくても、
大変なことしなくてもいい
簡単な方法があります!
 
 
 
それは・・
 
 
 
呪いの言葉を、
 
ただ、少し、変えるだけ。
 
 
 
「何かいいことないかな」
じゃなくて、
 
 
「何かいいこと、見つけるぞ!」
にする。
 
 
 
こう変換することで、
 
「自力」が入ります。
 
 
 
自ら、能動的に、
いいことを「見つけよう!」って
 
意識が働くんです。
 
 
 
それだけで、だんだんと
いいことが舞い込んでくるようになってきます。
 
 
というよりも・・
 
 
実は、いいことって、
目の前に溢れているんだと思います。
 
 
ただ、20代の私は、
そこにアンテナが立ってなくて、
見えてなかっただけ。
 
あ〜なんてもったいない!
 
 
 
世界は、
こんなにも、
豊かさと美しさに溢れているのに!

 

もうこんなもったいないことしないように、
 
言葉を変えて
意識のアンテナ立てて、
 
毎日たくさんの「いいこと」、見つけていきましょう!
 

 

【今日のTao】

「いいこと」にアンテナを立てよう

 

★おみくじで開運しよう!

resast.jp

 

自分に自信が持てるようになる、小さな習慣

今日は、「自信」をテーマに
書いてみたいと思います。
 

もっと自分に自信が持ちたい、って思っている方、
いらっしゃるかもしれません。
 

私もそう、
めちゃくちゃ自信がない人間でした。

 
と、あえて過去形で書いてみました。
 
 
今もまだ、自信があるとはいえないですが
以前より、症状は少しずつ改善してます。笑
 
 
なぜ改善したのかというと・・
 
 

自分との約束

 
毎日これをやる!
と決めていることがいくつかあります。
 
このメルマガもそうですし、
鼻うがい、
部屋の掃除、
土鍋ごはん・・などなど
 
日常の些細なことですが、
毎日やると決めて、
実行しています。
 
今のところ、
100%ではないですが、
合格点には達していると思ってます。
 
 
 
自分で決めたことを、ちゃんとやる、
 
 
つまり、
 
 
自分との約束を守った、
 
ということです。
 

f:id:fortune_teller_ayumi:20210120201053j:plain

 
約束を守り続けることで、
 
やればできるんだ!
 
という自分への「信頼」が、
少しずつ増えていきました。
 
 
 
自分を信頼すること、
 
 
それが「自信」なんだと思います。
 
 
自信って、
 
「自分を信じる」って書きますから。
 
 
 
なので、
自分に自信がない、
自分を認められない、
と思ったら、
 
 
自分自身と、何かを約束してみてください。
 
 
最初のうちは、
絶対に「守れる」ことを約束するのがいいと思います。
 
 
例えば、
食事を丁寧にいただく、とか
帰ったら手洗い、うがいをする、とか。
 
無理なくできることから始めて
少しずつハードルを上げていくと
いいんじゃないかなと思います。
 
 
大事なのは、「何をする」ではなく、
 
約束を「守る」ことですから。
 
 
 
自分を信じれるようになると、
自己肯定感も上がると思いますし、
 
他人のことも、
信じれらるようになってくると思います。
 

もしよかったら、試してみてくださいね^^

【今日のTao】

「これをやる!」と自分自身と約束しよう。

 

 

ここ間違えないで!願いを叶えるための最初の一歩。

今、ある方のご好意で、
漫画「キングダム」を読ませてもらってます。
 
映画にもなったので、
ご存知の方も多いかなと思います。
 *1は読まれましたか?
 
 
舞台は中国、
 
死と隣り合わせで生きる、
戦士たちの命のやりとりに、
毎回胸が熱くなります。
 

破天荒な天才

主人公の信は、下僕出身の
破天荒で、ビッグマウスで、
常識知らずの戦士。
 
王様に対しても敬語なんて使わない、
一見、生意気な少年。
 

f:id:fortune_teller_ayumi:20210119203137j:plain


 
でも、彼の周りには、
不思議と人が集まってきます。
 
 
地位の高いもの、低いもの、
関係なく、です。
 
 
信は、口も悪いし、教養もなく無礼だし・・
確かに生意気。
 
だけど、ついつい応援したくなるような、
不思議な魅力があると感じます。
 
 
その魅力の源泉は、
 
何があっても絶対に貫き通す
 
たった1つの強い、強い意志。
 
 
それが、

「天下の大将軍になる」

 
将軍になるためなら、
自分の命をかけてでも、
どこまでも、まっすぐ貫き通す。
 
その熱く燃えたぎる炎のエネルギーに、
人々は、惹かれるんだと思います。
 
 
と、ここで終わると・・
 
 
信は「将軍」という地位に目が眩んで
のし上がろうとする
 
土の時代的価値観で生きる、
ただの我欲に溺れた少年、になっちゃいます。
 
 
もちろん、信は、
そんな器の小さい人物、ではありません!
 

夢を叶えるステップ

 
彼が夢を叶えるためには、
戦争で手柄を上げ続けなければいけません。
 
下僕からのスタートなので、
実績を積み上げないと、
認めてはもらえないんです。
 
なので、
積極的に戦争に出て、
いかに敵を倒せるか?が
一番重要になってきます。
 
 
でも、信の戦いを見ていると、
彼が一番大切にしているものは、
 
自分が手柄をあげること、ではないような気がします。
 
 
信にとって、一番大切なこと、
 
 
それは、
 
 
王を、仲間たちを、守りたい。
 
 
そのために、戦っているんです。
 
 
 
どんなに相手が強くても
どんなに傷ついても、
彼が怯まず、敵に向かっていけるのは、
 
愛する仲間たちのため。
 
 
彼のとめどなく湧き上がる、
炎のエネルギーの源泉は
ここにあるんだと思います。
 
 
そして、
愛を源泉に戦う信は、
 
どんどん強くなり、
 
異例の昇進も、果たすんです。
 
 
 
「天下の大将軍になる」という彼の信念のその先には、
 
国を平定し、大戦争時代を終わらせ、
みんなが安心して暮らせるような平和な世界が
見えているのかもしれません。
 

土の時代から風の時代へ

土から風へ、
価値観が大きく変わろうとしている今。
彼の生き様から学ぶことは
とても多いと思います。
 
 
命をかけてでも
「絶対にこれをやる!」と貫き通す、
 
「愛」から生まれた信念をもつこと。
 
 
そして、
どんなに辛い状況でも、
 
「愛」を貫き通すことで、
 
 
自然と、
目に見える結果も付いてくる。
 
 
これからの時代は、
愛、1st。
 
 
時代がどう変化しようとも、
ここを間違わなければ、
人生はいい方向に向かうんじゃないかなと思います。
 
 
【今日のTao】

愛、1st。結果は後から付いてくる。

 

*1:friendly_name