タオへの道

元公務員の占い師が、人生どん底から悟りを得ようとする日々の中の気づき

令和3年3月3日。ゾロ目の今日、ヒトの原点について考える。

こんばんは、
ナカガワアユミです。

ブログをお読みいただき、ありがとうございます!

 

今日は、久々、本の話題です。
 
京大のゴリラ研究者、山極先生の
スマホを捨てたい子供たち」
読まれた方も多いかなと思います。
 
これを読むと、いかに今の私たちは、
人類という進化の過程に逆行し、
「不自然」な生き方をしているか、よーくわかります。
 
なんとなく抱いていた違和感が、
めちゃくちゃ腑に落ちました。
 
 
では、いきます!
 
 
人と、他の動物との違い、
色々ありますが、その1つは、二足歩行。
 
人類は、二足歩行をするようになって、
大きな2つの恩恵を受けたと山極先生はおっしゃってます。
 
1つは、エネルギー効率が高まり、
長距離を歩けるようになったこと。
 
もう1つは、
手を使って、ものを運べるようになったこと。
 
この2つの恩恵によって、私たちのご先祖様には、
とてもいい変化が起こります。
 
遠くまで食べ物を探しに行けるようになり、
見つけた食べ物を手で持ち帰れるようになったんです。
 
 
ちなみに、余談ですが・・
ヒトやサルなどの霊長類は、
1日に何度も食事をしないといけないという
特徴があります。
 
肉食獣は数日に1度の食事でいいんですが、
私たちは食事のストックができないんです。
 
なので、大昔のご先祖様たちは、
いかに食べるか?を考えて、1日を過ごしていました。
 
まさに、食べるとは、生きること。だったんですね。
 

f:id:fortune_teller_ayumi:20210303205307j:plain

 
それちゃいました、話を戻しますね。
 
 

この「食べ物を持ち帰れる」というところが、
実は、めちゃくちゃ大事なポイントなんです!

持ち帰る、ということは、
家で待ってる人がいるっていうこと。

誰が待っているかというと、

 

体が弱くて、食べ物を探しに行けない人


です。

 

人は、二足歩行が可能になったことで、
弱い人に、食べ物を与えられるようになりました。

 

食べ物をもらった人は、

この人のおかげで、また明日も生きられる、
命の恩人だ!

こんな風に、心から感謝しますよね。

 

そして、ここに、あるものが生まれます。

 


それは、

 


信頼関係です。

 

 


食事を通して、

 

人と人の間に、
強固な信頼関係が生まれたんです。

 


これが、私たち人間の、
強い絆で繋がった、社会の基盤になったんです!

 


私たちのつながりの原点は、
なんと、「食事」にあったんです!


これって、すごくないですか?

 

食事って、
ただエネルギー摂取のためだけじゃないんです。


 
食事は、信頼をつなぐ接着剤!
 
 
人と人との絆をつなぐ、原点!
  
 
しかも、
二足歩行が始まったころの大昔から!!!

 

本当に食事って大事だな、と
改めて思います!


 
 

しかし、今の生活様式は・・・
 
「個食」がどんどん広がっていますよね。
 
人と人との絆を作る食事が、ないがしろにされている。
 
これが、いかに人類の進化の歴史に逆行していることか、
決して軽視してはいけない問題だなと思います。
 
 
と書きながら・・
私も個食をしている張本人(涙)
進化の過程に逆行しないように何か対策を考えなきゃ・・!
と思います。
 
 
 
最後に、
今日は、令和3年3月3日。
 
3が3つ連なる、ゾロ目の日。
 
3は、相反する性質のものを
「つなぐ」、
そして次元上昇させるエネルギー。
 
もし、最近ちょっと
関係性がギクシャクしてるな・・
疎遠になってるな、と思う相手がいたら、
 
今日の3のエネルギーと、
はるか昔のご先祖様のエネルギーをお借りして、
 
「絆をつなぐ食事」に誘ってみても、いいかもしれませんね^^
 

【今日の光のフレーズ】

人間らしさの原点は、誰かとともにする食事にあった!


 

★ メルマガは毎日配信中〜!

イルカ先生 【開運☆イルカ通信】 - リザスト