タオへの道

元公務員の占い師が、人生どん底から悟りを得ようとする日々の中の気づき

風の時代、人間関係はこう変化する!

今、カフェに来て書いてます。

隣の大学生ぐらいの男の子が
電話をしているのが聞こえてきました。
 

懐かしい人との会話

方言交じりでの会話。
 
多分、ご実家の方と話してるのかな
と思います。
 
 
「お肉送ってくれてありがとう、すごく美味しかったよ、
 声が元気そうで安心した、
 体には気をつけてね、
 3月ぐらいには帰れると思うから
 心配しないで」
 
こんな会話が聞こえてきました。
 
きっと今年のお正月は
帰省しない選択をしたんですね。
 
家族を気遣う男の子の優しい声に
心がジーンと来ました。
 
 
 
毎回お伝えしている時代性について、
 
 人とのつながり方も
今までとは変わっていきそうです。
 
 

つながり方も変化する

 
平成20年ごろから、
Facebookが日本でも流行りだし、
SNSでのつながりが一気に加速した気がします。
 
私も流行りに乗っかり、
今日の投稿はたくさん「いいね」がついた、とか
友だちは〇〇人、とかを気にしていました。
 
 
その時に流行ったコトバが「リア充
 
 
そして「SNS疲れ」。
 
 
いかに自分をよく見せるか、
周りから評価してもらうか、
みたいなことを気にして形成された、
 
浅い表層だけのつながりに、
多くの人は
嫌気がさしたのかなと思います。
 
 
周りからの目を
全否定するわけではありません。
必要だとは思います。
 
 
でも、
そっちに偏っちゃうと
しんどいですよね。
 
 
これからは大事になってくる
人とのつながりは、
 
 
広く、浅く、よりも
 
 
太く、深く。
 
 
 
たとえたった1人でも
太くて、深い、心のパイプで
しっかりとつながることこそ
 
実は、
 
私たちの魂が
求めていること
 
なんです。 
 

f:id:fortune_teller_ayumi:20201225202728j:plain

 
手塚治虫の作品、「ユニコ」のなかで、
ユニコはこんなことを言っていたのを
思い出しました。
 
 
 
誰かが本当に、僕のことを
必要としてくれた時、
 
僕は、本当のチカラを、
発揮できるんだ。


 
さすが手塚先生、
40年も前から、
すでに今の時代を予言していました!

ユニコの言葉にもあるように、
誰かとの深いつながりは、
才能開花にも繋がるんですね。


【今日のTao】

これからは、太く深く、魂でつながる時代

 

風の時代、ぜひ深いご縁をいただければと思います!