タオへの道

元公務員の占い師が、人生どん底から悟りを得ようとする日々の中の気づき

これこそ、最強のアンチエイジング。若さを保つとっておきの魔法!

 

人は、成熟するにつれて若くなる

これは、スイスの作家、
ヘルマン・ヘッセの言葉です。

 

年齢を重ねると、
身体は老化するのに

それとは反比例して、

「心」は若くなる

 

という意味なのですが・・

 

だれもかれもが
年齢とともに、心が若返る
わけではありません。

 

ぼーっと生きているだけでは、
ダメなんです。

 

心を若くするためには、

日々

「感性」を磨かなくては!

なんですね。


感性って、
動物の中でも、

人間だけが持っている感覚。


私たちは、唯一、年を重ねても、
子供のように
無心の驚き、好奇心、遊び心などを
持ち続けることができる生物なんです。


ありがたいですね。

 

若さのカギとなる感性とは、
どうやって育まれるのか?

実は、感性は
ご先祖様から継承される

「あるもの」によるところが
とても大きいんだそうです。

 

「あるもの」とは・・

 

腸内環境。

 

私たちの腸内にいる、
たくさんのバクテリア君たち
(ウィルスじゃないですよ)は、


なんと、
ご先祖様から受け継いだもの。


そのバクテリア君たちが、

私たちの心の年齢を決める「感性」に
大きく影響を与えている!!

というのです。

 

バクテリア君たちを
活性化することが、
若々しさに繋がっていたんですね!


ただ、残念なことに・・


現代社会の中で生活しているだけで
バクテリア君たちは、
成長を阻害されてしまいます。

大気汚染や
塩素消毒された水、
添加物や化学調味料たっぷりの食品は

バクテリア君たちにとって
ネガティブな要因と言えますよね…

腸は、生物に最初に備わった臓器。

実は、腸は、

人類誕生よりもはるか昔から、
地球上で活動し、
生命の記憶を蓄積してきました。

 

ご先祖様から継承された
私たちの腸内バクテリア君たちには、

人類誕生以前の、
40億年前もの原始的な記憶が
眠っているのでしょう。

 

彼ら(バクテリア君たち)にとっては、
つい最近現れた、
化学物質が蔓延する現代社会とは、

なんと生きづらいものか。

 

彼らの成長を促すためには、
彼らにとって快適な自然と融和して
生きることなんです。

 

f:id:fortune_teller_ayumi:20201218181630j:plain

 

今こそ、自然に帰ろう!

と言っても・・

車や電車、携帯電話など
なかなか現代文明とは
ご縁を切るのは難しい私たち。


じゃあどうすれば?


だれもができるのは、食事。


添加物、化学調味料をなるべく取らないで、
自然の恵みたっぷりの食事を

バクテリア君たちに届けてあげること!


免疫力アップにもつながりますし、
今、食事を見直すことは
とても意味があると思います^^


 

【今日のタオ】

自然と仲良くすることで、腸内バクテリア君をご機嫌に。
これぞ最強の、アンチエイジング!!


私たちの若さを左右するのは、
腸内環境、「おなか」なんですね。


脳じゃないんです。

 

腹を決める、
腹落ちする、などという言葉にもあるように、

昔の人たちは、大事なことは
「脳」ではなく、
「腹」で決めてきたんだなと思います。

 

実は、私たち人類は、
脳を大きく発達させ過ぎてしまったため、

自分たちの住む地球を汚染し、
人類が存続不可能な状態に追いやっている
とも言われています。


この話はまた次の機会に^^

 

今日の参考文献はこちらです。

医学博士、藤田紘一先生の「脳はバカ、腸はかしこい」

かなりオススメです。

 

長文を最後までお読みいただき、
ありがとうございました!

 

resast.jp