タオへの道

元公務員の占い師が、人生どん底から悟りを得ようとする日々の中の気づき

どんなにやる気のない部下も、ガラッと変わる!やる気の引き出し方

突然ですが、

部下や後輩、友人や家族に、

もっとやる気出してほしいなあ


なんて、思うことありませんか?

 

今日は、相手のやる気を引き出す方法について
書いてみたいと思います。

 

やる気スイッチは、どこにある?

最初に結論から言っちゃいますと、
相手のやる気を引き出す方法は・・

 

役割を与えること。

 

 例えば、職場で。

「この仕事は君に任せた!頼んだよ!」

と、思い切って1つのテリトリーを
ぜーんぶお任せ!してしまうんです。


ただし。


この時、1つ
注意していただきたいことがあります。

 

それは、

 

本気で、任せる

 

と言うこと。

 


一度「任せる」と言ったら、
決して手出しはしないこと。

 

部下や後輩の方から
「助けてください」と申し出がない限り、です。

 

相手から「助けて」の声もないのに、
ヘルプを出してしまうことは、
一見すると親切なようですが、

 

その裏側には・・

 

相手を心から信頼してない、

 

さらに、

「やっぱり自分がいないとダメだね」

 ↓

「私の方が上!」

というマウント思考が、見え隠れ・・・

 

そうなると、

任せるって、口だけじゃん。
本当は信頼してないんでしょ。


という感じで、
相手のテンションはガタ落ち・・です。

 

セミはどうやって大空を飛ぶのか?

話は変わりますが、
セミの幼虫とある少年のエピソードを
ご紹介します。

 


ある少年が、
セミの蛹が脱皮する様子を
じっと見つめていました。


セミはとても大変そうにもがきながら、
少しずつ、少しずつ
脱皮をしていました。


もがいてももがいても、
なかなか脱皮できないセミを見た少年は
かわいそうに思って、

脱皮の手助けをしてあげました。

 

少年のおかげで、
セミの脱皮は見事に成功!

 

やった!!

 

少年は喜びました。

 


しかし、その後。

 

何時間たっても、
セミが大空を飛ぶことはありません。

 

なぜなら・・

 

セミが、もがき苦しみながら
脱皮することは、

 

全身のエネルギーを羽根に
流し入れる大事な行為だったから。

 

大空を飛べる立派な羽根を生み出し、

さらに、
体からエネルギーを流出させることで
飛びやすい軽い体を作るためには

 

必要なこと、だったんです。

 


少年は、
セミが大空を飛ぶチャンスを奪う

余計な手助けを、してしまったんです。

 

 

このことはセミに限らず、
人も同じです。

 

相手から「助けて」コールがないのに、
途中で手出しをすることは、

 

相手のやる気を奪うだけでなく、

相手の成長の機会をも奪っています。

 


目の前の課題を乗り越えることで、

 

その人は、

 

大空を羽ばたけたかもしれないのに。

 

f:id:fortune_teller_ayumi:20201217210055j:plain


本気で相手のことを思い、
これから大きく羽ばたいてほしい

と願うなら、

 

ここは任せた!と全託すること。

 

そして、
もがいていても、

 

余計な手助けはしないこと。

 

逆境の中で、磨かれる才能は、
必ずありますから。

 

職場だけでなく、
家庭や、いろんなコミュニティでも
通じることですね。

 


【今日のタオ】

目の前の人が大きく羽ばたく未来をイメージして、
「君だからできる!」と役割を与えよう。


今日の参考文献はこちらでした。
 ↓
「E判定からの限界突破勉強法」
めちゃいい本ですよ。

 

resast.jp